エドゥアール・マネ Edouard Manet

エドゥアール・マネ

理想化された美を追求する当時にあって、等身大の市民生活をつねに奔放に描き出した画家。

オランダ、スペインの写実主義から影響を受け、ルーブル美術館で過去の巨匠たちを自由な視点で研究することによってその画風を形成する。

1863年『草上の昼食』、1865年『オランピア』の2点の作品によって激しい議論を巻き起こし、前衛的な急進派としての評価を確立させる。
印象派の多くの画家たちからは指導者として見られていたが、高級官僚の家庭に生まれたマネは、あくまでもサロンこそが画家の発表の場と考え、印象派展に作品を出品することはなかった。

あまりに早い死の直前には、衰えゆく健康にさいなまれながら、花の静物画を続けて描いている。

to Gallery