クロード・モネ Claude Monet

クロード・モネ

直接自然を前にして描くことに深い思い入れのあった画家。
モネは仲間とともに、アカデミックなサロンに対抗して展覧会を開催したが、世間からはその作風は受け入れられず、そこに出品した彼の『印象、日の出』をきっかけとして、彼らは印象派と呼ばれるようになる。

1840年パリで生まれ、ルアーヴルで育つ。
まだ風刺画を描いていた頃、海浜風景画家のウジェーヌ・ブーダンと出会い、 彼を通じて戸外制作に傾倒していく。

風景画に専念するようになったモネは、 その物の詳細より全体の効果を記録するための素早い筆遣いや、自然から直接感じたままの色彩、といった画風で描き始めるようになる。

モネは、アルジャントゥイユのようなパリ近郊の街を好んで居を構え、そこでの制作は印象主義の規範を作り出すこととなった。

その後、同一のモチーフを異なる条件の下で描き出す、連作による絵画を発展させ、晩年にはフランス政府から注文を受け、大作の睡蓮連作を制作している。

to Gallery